快適な環境を作らないことで痩せる

うまく痩せられたら身体は変わりますよね・・・。へたに痩せたら身体は変わっても自分が望んでいた身体とはほど遠い身体になってしまいます。やつれたような疲れたような生気のない身体になってしまうかもしれません・・・。そうなってしまったら損しちゃったという感情を通り越して後悔ばかりになってしまいます。

だから私はダイエットをするなら絶対にきれいに痩せたいのです。ダイエットって楽しくないですよね・・・。どんなに楽しそうなイメージのダイエットでも実際にやってみるとぜんぜん楽しくないことがほとんどです。運動も、食事制限も、カロリー計算も、とにかくダイエットと名前がつくものは私にとって楽しいことではないんです。

辛くて苦しいダイエットをするんだから・・・それも二~三日のダイエットではなくやるからには結果が出るまでダイエットを続けるんだから、私は自分の身体や性格に合ったダイエットを見つけたいのです。性格に合わないダイエット法をやっても満足するような結果は出ないような気がします。

さて、私は気温が高くなると身体がだるくなる体質です。気温が上がってきてぐったりする頃になるとエアコンや扇風機を使う家庭が多いですね。我が家にも立派なエアコンはありますし扇風機だっていくつもありますが、私以外の家族は利用し私はエアコンや扇風機をほとんど利用しない状態を貫いています。どうしてエアコンや扇風機を使わないのかというと快適な状態にしてしまうとダラダラしてしまって怠けるからです。

いろんなことを怠けてしまいます。たとえば買い物へ行かなくてはならないのに家の中が快適だと外に出るのがイヤになって買い物をサボります。庭のお手入れをしなければならないのに部屋の中が快適過ぎるとたった10分間庭に出て雑草を引き抜くことをしなくなります。洗濯だって洗濯機を回すのは良いとして、できあがった洗濯物を外に出て干すのがイヤになり洗濯をサボります・・・。

こんな風に快適な部屋を作ってしまうとそこから動きたくなくなるのでわざと快適な環境を作らないのです。ただし、これはひとりの時に限ります。家族がいるときは家の中を快適な状態にしておきたいので私ひとりの時はできるだけエアコンや扇風機を使わないようにしているのです。快適な場所がないと外に出るようになりますし、なぜか掃除もはかどるんです。浴室掃除なんて毎日でもやりたいくらい。これだけのことでも痩せますよ。