• FOC氏もおすすめのダイエットプーアル茶3つのポイント

    お茶があらゆる健康維持に有効な飲み物であることは周知の通りです。とくにハーブテイーの薬理作用は女性の健康志向にはぴったりです。
    よく知られているハーブテイーではラベンダー、ローマンカモミール、ローズヒップ、ハイビスカスですね。
    代謝促進や体を温める作用が期待できるために女性の健康には良いと知られています。これらのハーブは主に西洋ハーブです。起源は地中海沿岸地方に自生されていた薬草を栽培したものです。

    ダイエットプーアル茶のダイエット効果

    ところが東洋から由来しているお茶の種類にも薬理作用が期待できるものがあります。ポピュラーな飲み物になっているダイエットプーアル茶ですが、ダイエット作用が期待することができると知られているんです。
    独特の風味をもたらすダイエットプーアル茶。微生物の影響で少しずつ発酵させていくことで作られていきます。ダイエットプーアル茶には発酵過程でタンニンから「没食子酸」という成分が生まれています。実はこの「没食子酸」は人の腸内の脂肪吸収を抑制させる作用が期待できるとわかっています。
    空腹感を抑える作用もあるために、大食漢になることを予防できるとも言われます。

    ダイエット以外の恩恵も

    ダイエットプーアル茶には脂肪吸収抑制作用が期待できるためにダイエットに励んでいる人には適したお茶といえます。ほかにも、健康にメリットのある成分を含みます。
    例えば、カテキンももちろん含有されています。カテキンは有名な抗酸化作用が体の酸化を抑制させると言われます。すなわち、カテキンはガンの発生を防いだり、コレステロールの生成を抑制することも期待されるために動脈硬化を予防できるとも期待できるのです。
    カテキンは緑茶に多く含まれており、日本人が緑茶を飲んでいれば健康を保つことができるといわれているのは、このような健康作用が存在するためなのです。

    カフェインフリーのダイエットプーアル茶がおすすめ

    ダイエットプーアル茶にも微量にカフェインが含まれています。カフェインはコーヒー紅茶問わず覚醒作用が強いうえ、利尿作用もあるために控えたい人も多いようです。
    カフェインレス、のコーヒー紅茶を選ぶ人もいるはず。ダイエットプーアル茶の見極め方では、熟成の時間にカフェイン量が反映されます。すなわち、ダイエットプーアル茶の熟成時間が長くゆっくりであるほどにカフェインレスが多いものです。品評では白豪が最も高品質と呼ばれています。

    お茶は空気に触れると酸化状態を引き起こしてしまいがち。冷暗所で保管して遮光性の入れ物で保存します。

    楽なことばかりしていると痩せることは難しいですね・・・。新陳代謝がいい子供だって最近は楽な生活をしていると太るばかりですから大人なら尚更太りますよ。美味しいものを食べ楽な生活をしてスタイルキープなんてそれは夢物語です。

    第一、美味しいものというのは総じて高カロリーにできていますよ。美味しいものをたくさん食べるということは高カロリーのものをたくさん食べるということ。そんな生活を続けていて痩せるわけもなく年々太っていくのが普通でしょう・・・。特にお腹当たりに贅肉がたっぷりついて走ると揺れるようになったらアウトです。バストが揺れるのならいいけれどお腹の肉がゆさゆさ揺れるのは恥ずかしいことです。

    そうならないためには美味しいものを食べることを控えること。私は美味しいものは少しだけ食べると決めていますよ。なるべく好き嫌いしないようにして高カロリーのものは控えています。季節の野菜をそのままがぶりと食べてお腹を満たすこともあります。もちろんトマトとかキュウリとかそのままの状態で食べられる野菜に限りますが・・・。

    高カロリーのものはできるだけ食べない。そしてあまり楽な生活をしないことを守っています。ストレスが溜ると思うけど慣れればそれが当たり前の生活になりますね。車ばかり使って移動していたら、歩いて移動することや自転車で移動することが面倒くさく感じるけれど、歩くことの気持ちよさを覚えたり颯爽と風を切る自転車の気持ちよさを覚えるとそういう移動が苦痛ではなくなります。

    車ばかり使っていると体重は減りません。雨の日や暑い日寒い日など、車移動が欠かせないときは車移動でもいいですが、気持ちが良い晴天だったら歩いて買い物へ行くとか、近所を自転車で走ってみるなどしてみると違う景色が見れてそれはそれで楽しむことができますよ。大変そうと思ってもやってみるとクセになることもあるのでやる前から諦めないことです。

    ダイエットって楽をしていたら絶対結果に結びつかないと私は思います。何かそれまでと違うことをしてみないことには身体って変わらないんです。電化製品が充実してスイッチひとつの生活をしているとどんどん身体は衰えていきます。反射神経も衰えていくので、たまにはやったことのないことにも挑戦してみることです。

    怖がらず、とりあえずでもいいから歩いたり自転車で買い物へ行くところからはじめると良いかもしれませんよ。太りにくい身体になります。


  • ストレスを溜めずに本気の産後ダイエット

    こんにちは、33歳の主婦です。
    身長は165cm、ダイエットスタート時の体重は64kgでした。

    昔、体重は53kg前後でしたが、次男を出産し完全ミルク育児だった事もあり、産後太りでまったく体重が減らず…。
    臨月で70kgありましたが、産後7ヶ月たっても63kgからピクリとも動かないのでダイエットを決意しました。

    ダイエット決意のきっかけですが、産前着ていた服がまったく着れませんでした。
    出産したのにマタニティ服を着ている自分がとにかく嫌で…。
    赤ちゃんと一緒に写真を撮っても、自分が老けてオバサン化しているように見えました。
    全ては太っているせいだと分かってはいても、育児のストレスにより食べてしまうんです。

    毎日の食事の白米は毎食大盛りでした。
    おかずは肉や魚のみ。
    プラスでつけても汁物くらいでした。
    お腹がいっぱいになっても、なにか食べるものがないかとキッチンをゴソゴソと。
    寝る寸前までお菓子やパンを食べていました。

    もともと野菜嫌いで甘いものやお菓子が大好きな私。
    出産で頑張った自分を甘やかすかのように、とにかくずっと食べていました。
    さらに母乳でなくミルクを与えていた為、和食中心にするだとか、洋菓子を控えるだとか、そんな考えは微塵もありませんでした。

    運動はもともと大嫌いでほとんどしていませんでした。
    長く歩いたりするとすぐに筋肉痛になる程です。
    産後1ヶ月して、検診で運動してもOKの許しが出てもまったくしないでいました。
    赤ちゃんのお世話してゴロゴロ。
    食べてゴロゴロ。
    産褥期だしいいやーと、母親に甘えまくって家事も手伝いませんでした。

    こんなに太ったまま痩せなかったのは、野菜などの食事を避け、1日中お菓子や甘いものを食べ、いっさい体を動かすことをしなかった為だと思います。

    そして決意したダイエットですが、まず目標体重を決めました。
    私は51kgを目指す事にしたので、マイナス12kgです!

    そしていくつかの決め事をしました。
    まずは基礎代謝分しか食べない事です。
    これで私は1日1200kcalまで食事ができます。
    食事内容はなるべく炭水化物を控えめにする事と、たんぱく質を多く摂る事です。

    次になるべく午後6時までに食事を済ます事。
    胃腸を長く休ませる事が腸内環境を良くし、痩せやすい体を作るそうです。

    最後に、毎日カーヴィーダンスを20分だけ踊る事です。
    カーヴィーダンスは肩甲骨を柔軟にするダンスで、体の代謝があがります。
    更に女性らしいくびれや、しまった体を作るのにピッタリなんです。
    20分くらいなら赤ちゃんが寝ている間にササっとできました。

    私は週に一度、実家に帰り家族で夕食を食べるのですが、その日だけはカロリーも時間も気にせず食べています。

    ただでさえ育児にストレスが溜まるので、ダイエットではなるべく負担を少なく、楽しんでできるようにしました。

    そして今、ダイエットを始めて4ヶ月過ぎましたが体重は53kgになりました!
    マイナス10kgです!!
    すごく嬉しいです。
    今辛いのは夜の空腹くらいで、他はそこまで辛くありません。
    甘いものも揚げ物も、カロリー内なら気にせず食べているので、私にはこのダイエット方があっているみたいです。

    目標体重まで残り2kgなので、さらに体を絞って頑張りたいと思います。
    あくまでも、ストレスなく、楽しんでやっていきたいと思います。


  • 身体が重くなると動きたくなくなりベスト体重をキープしてます

    身体が重くなると動きたくなくなります。身体が軽いとフットワークが良くなり家事もスイスイ進むのでいつもダイエットをしている状態です。だからダイエットに苦手感はないですしダイエットを嫌いになったこともないですよ・・・。こういうことは嫌いになった瞬間からダメになってしまうと思うので嫌いにならないやり方を覚えると良いですよ。

    私のダイエットに決まりはありません。毎日のことなので至るところでダイエットしてますし、そのときできることをしているので決まったことは何もしていません。リンゴばっかり食べるダイエットとか炭水化物を抜くダイエットを昔やっていたけれど見事に失敗してしまいました。自分に必要のないものを大量に食べたり自分の身体に必要な食べ物を抜いてしまったりすると身体に悪いです。そして痩せないです。リンゴダイエットと炭水化物抜きダイエットをしてみてそれがイヤというほど分かりました。

    失敗があれば成功もあります。私には向いていないダイエット法が分かったので失敗は無駄ではありませんでした。食べたいときだけリンゴを食べ炭水化物は食べたいように食べています。ただし、炭水化物を食べるときは野菜を少し多めに食べたり、ジュースを飲む代わりにお茶を飲みます。炭水化物を食べる量にも寄るけれどだいたいこんな感じでサイドメニューでカロリー調整しています。野菜を多めに食べますがそのときマヨネーズは使わないように気をつけてます。

    私はマヨネーズが大好きなのでほぼ無意識のうちにマヨネーズを使ってしまいます。そして気をつけていないとマヨネーズをどんどん口にしてしまうので小皿にマヨネーズを入れてそれをちびちびと使い、なくなったら補充するという順番を守っています。多少面倒くさいけどこうでもしないとマヨネーズを使いすぎてしまうのです。マヨネーズはカロリーが高めなので、野菜を食べるときいつも使うとなればカロリーを取り過ぎてしまい何のために野菜サラダを食べているか分からなくなってしまいます。

    これは私の心がけていることのひとつです。調味料にしても、食べるものにしても、それから身体を動かすことにしても、私は全てそのときそのときできることで痩せる努力をしています。いまでは家にいる間は常にダイエットしている状態。お皿洗いをしながらスクワットなんて朝飯前。掃除機をかけながらの片足バランスも朝飯前です。だから私はベスト体重をキープできるのです。


  • メンタル面が弱い私の痩せ方

    精神面で大きなストレスを抱えていると私はすぐに痩せますよ~。まったくといっていいほど固形物を食べられなくなるから痩せるのです。飲み物は飲めるのですが固形物はほとんどのものを口にできません・・・。おかゆのようなものでも口にできないときがあるので脂っこい食事なんてはまったく食べられません。

    だからすぐに痩せますよ。面白いくらいにスイスイと体重が減っていくのです。メンタル面が弱いと言ってしまえばその通りで・・・。メンタル面が強かったら悩み事が山のようにあっても普通に食事を摂れるのでしょう・・・。メンタルが弱いのは仕方がないのですが、悩み事や問題が解決するまで食欲が元に戻らないのは困ります。

    食欲が元の状態に戻らないと顔色は悪くなるし唇はかさかさになります。口の中の状態も悪くなって歯茎の色も悪くなります。何も食べない日が続くことで舌べろにもこけが生えて口臭の原因になります。免疫力が極端に落ちるから風邪を引きやすくなったり頭が痛くなったり・・・悪いことだらけです。

    身体にとって百害あって一利なしの状態ですが、しいて言えば何もしなくても体重が嘘のように減っていくので、強がりですがそれだけは良かったな・・・と思うのです。日頃食事を減らすダイエットをしていてもほとんど体重の変化がない私としては、食欲がなくなりその結果体重がスルスル減っていくのは嬉しいことです。病気にならないように注意して、たとえば早く寝て体力の消耗をおさえればそれほど深刻な状態にはなりません。

    しかし、深刻な悩みによるストレスが大きいうちはいろんなことを楽しめないのでそれは不幸だと思います。1日1日充実した過ごし方をしたい私にとって体力を残すようにそればかり思う日々は辛いです。結局私のメンタル面が弱いから食欲がなくなり痩せていくことになるのですが・・・。

    ダイエットは健康的にしたいですよね~。本当にそう思いますよ。健康な状態・・・これは精神面も体力面もですが、全てが良い状態の時にダイエットをして少しずつゆっくり体重を落として行けたらそれが理想です。短期間で体重を落とすと必ずリバウンドしますからそれが心配です。そして肌もシワっぽくなりますよね。

    ぴんと張ったきれいな肌も急激に痩せることで縮緬皺ができやすくなります。そして目の下にはクマができ、ひどいときは抜け毛も増えます。食べない状態が続くときは必ず抜け毛が増えるのでこれもやっかいです。


  • 快適な環境を作らないことで痩せる

    うまく痩せられたら身体は変わりますよね・・・。へたに痩せたら身体は変わっても自分が望んでいた身体とはほど遠い身体になってしまいます。やつれたような疲れたような生気のない身体になってしまうかもしれません・・・。そうなってしまったら損しちゃったという感情を通り越して後悔ばかりになってしまいます。

    だから私はダイエットをするなら絶対にきれいに痩せたいのです。ダイエットって楽しくないですよね・・・。どんなに楽しそうなイメージのダイエットでも実際にやってみるとぜんぜん楽しくないことがほとんどです。運動も、食事制限も、カロリー計算も、とにかくダイエットと名前がつくものは私にとって楽しいことではないんです。

    辛くて苦しいダイエットをするんだから・・・それも二~三日のダイエットではなくやるからには結果が出るまでダイエットを続けるんだから、私は自分の身体や性格に合ったダイエットを見つけたいのです。性格に合わないダイエット法をやっても満足するような結果は出ないような気がします。

    さて、私は気温が高くなると身体がだるくなる体質です。気温が上がってきてぐったりする頃になるとエアコンや扇風機を使う家庭が多いですね。我が家にも立派なエアコンはありますし扇風機だっていくつもありますが、私以外の家族は利用し私はエアコンや扇風機をほとんど利用しない状態を貫いています。どうしてエアコンや扇風機を使わないのかというと快適な状態にしてしまうとダラダラしてしまって怠けるからです。

    いろんなことを怠けてしまいます。たとえば買い物へ行かなくてはならないのに家の中が快適だと外に出るのがイヤになって買い物をサボります。庭のお手入れをしなければならないのに部屋の中が快適過ぎるとたった10分間庭に出て雑草を引き抜くことをしなくなります。洗濯だって洗濯機を回すのは良いとして、できあがった洗濯物を外に出て干すのがイヤになり洗濯をサボります・・・。

    こんな風に快適な部屋を作ってしまうとそこから動きたくなくなるのでわざと快適な環境を作らないのです。ただし、これはひとりの時に限ります。家族がいるときは家の中を快適な状態にしておきたいので私ひとりの時はできるだけエアコンや扇風機を使わないようにしているのです。快適な場所がないと外に出るようになりますし、なぜか掃除もはかどるんです。浴室掃除なんて毎日でもやりたいくらい。これだけのことでも痩せますよ。